あなたのニオイは大丈夫? 青汁で口臭・体臭予防

エチケットやマナーとして、常に気を付けていたいのが、体臭や口臭などのニオイですね。
とくに年齢を重ねれば重ねるほど自分のニオイにはチェックしたいもの。
ですが、自分で自分のニオイには気づきにくいため、知らないうちに人と話すとき等で相手に不快な思いをさせているかもしれません。
そんなことにならないようにニオイに対しても効果のある青汁は役立てたいもの。
今回は、青汁のニオイ予防効果についてご紹介します。

口臭はなぜ起こる?

口の中から発する悪臭は、だれでも起こるものです。
なかでも朝起きた時など唾液の分泌が少ないために、口内に最近が繁殖して起こるタイプの口臭は、口の中を清潔にすれば改善されるので、それほど気にする必要はありません。
ですが、病的な原因で起こる口臭は別。
たとえば虫歯や歯石、舌苔、歯周病など口内のトラブルから起こる悪臭は、しっかりした歯磨きや歯医者での治療が不可欠です。
また、蓄膿や肝臓、胃などの病気によっても口臭が起こります。
これらが原因の場合も、専門医での受診が欠かせません。

ところが、違う理由でも口臭は発生するのです。
それは便秘による口臭です。
あまり知られていませんが、腸内環境が悪化した場合でも口臭が起こります。
腸内環境の悪化で悪玉菌が優位となり、悪玉菌が発生させる腐敗臭のする毒素が血液中に吸収され、肺にめぐって吐息に混ざるのです。
同様に、体の表面から嫌な体臭も話すようになるので要注意。

このようなメカニズムで起こる口臭は青汁で改善することができます。

青汁で腸内環境を改善→口臭予防

腸内環境を整えるために、食物繊維が豊富な青汁は非常に効果的。
青汁に含まれる不溶性食物繊維と水溶性食物繊維が便の排出と腸内環境の改善に大きく役立つだけではありません。
ケールに多く含まれる葉緑素(クロロフィル)は殺菌効果が高く、腸内の毒素の排出作用が高いため腸内環境の改善に非常に有効です。
この葉緑素は腸内だけでなく、口内でも口内細菌の増殖を抑制して口臭や歯周病・虫歯を防ぐ効果もあります。
さらに青汁の中には飲みやすさも考えて抹茶や緑茶成分を配合しているものもたくさんあります。
これらの青汁には、お茶特有のポリフェノールである「カテキン」が含まれており、口内で葉緑素と同様の働きをしてくれるだけでなく、腸内の悪玉菌に働きかけ抑制し、腸内環境の改善に一役買ってくれます。
腸内環境が改善されれば便秘も改善され、悪臭が血液に溶け込んで吐息や体の表面から排出されることも少なくなります。

青汁が口臭予防に役立つ理由をご紹介しましたが参考になったでしょうか。
口臭予防のために腸内環境改善に必要な食物繊維を生野菜だけで毎日摂取し続けるのは、難しいものですが、青汁なら手軽に必要な成分を摂取できますよ。
口臭や体臭にお悩みの方はぜひ青汁を始めてみてはいかがでしょうか。

Designed by CSS.Design Sample